キリマンジャロに遊びに行く(2021年12月掲載)

  地質ニュース(衰退する氷河。1998年)

  地学雑誌(キリマンジャロ氷帽を1996年1月と2009年1月で比較してみると。2010年)

  こんなところで写真が使われていましたが、オリジナルの写真を掲載します。

 

衰退する氷河:アフリカ大陸の最高峰キリマンジャロ(5,895m)は、赤道に近い南緯3度に位置する火山である。その平坦な山頂部には、氷河が発達している。かつては標高3,500m付近まで垂れ下がっていた証拠があるが、現在では4,500m以上まで大きく後退している。地球温暖化の影響か、19世紀以降でもかなりの縮小が観察されているという。山頂部でも、氷が島状に取り残されたり、大きく分断されているのが観察できる。1996年1月撮影。(地質ニュースno.528の表紙の解説より)

 

----------------------------------------------

「火山と地学の旅」トップページ